スポーツクラブとフィットネスクラブの違い

TOP > スポーツクラブについて > スポーツクラブとフィットネスクラブの違い

スポーツクラブとフィットネスクラブの違い

スポーツクラブでは筋肉を鍛えるためのトレーニング器具がおいてある施設です。
フィットネスクラブと混合されがちですが仕組みは違います。
筋肉をつけることを特に重視しているといえるでしょう。
最近では現代人の生活に合わせて24時間営業している施設もあります。
スポーツクラブには民営と公営のジムがあり料金が違ってきます。
民営は会員になるには入会費と月々の利用料がかかります。
施設には最新のトレーニング器具が充実しており、専門のトレーナーが丁寧に指導してくれます。
地方の団体が運営している施設は1回ごとに料金を支払います。
料金も100円程度とリーズナブルです。
しかし、トレーニング器具の性能は施設ごとに差があります。
また、専属のトレーナーはつかないので自主的に鍛える事になります。
基礎からしっかり教えて欲しい人は民営、ある程度自分でプランが立てられるなら公営が向いています。


フィットネスクラブでも筋肉は鍛えられますがあくまで健康増進のために施設です。
施設にはプールやトレーニング事務、スタジオなどがあります。
専門のインストラクターの下、体力向上のためにトレーニングしていきます。
健康維持のための施設といっていいでしょう。
ほとんどが会員制を導入しており、目的に合わせて継続して行います。
利用者の年齢や目的に合わせて多様なプログラムが用意されています。
トレーニングだけでなく、ヨガ・スイミング・エアロビクスなど選択肢が豊富です。
最近ではエステやスパなどのリラクゼーション設備がある施設もあります。
しかし、人気のフィットネスクラブでは混雑が懸念されます。
使いたいマシンが使えなかったりレッスンに参加できないケースもあります。
大手で設備が充実したフィットネスクラブほどその傾向が強いです。
混雑を避けるためにも自分が通いたい曜日や時間帯に見学へ行きましょう。
ロッカーが空きづらいようなら他の時間帯にするのも有効です。


スポーツクラブは適当に選ぶのではなくその人の目的に合わせて選びましょう。
まずは継続して通っていくための立地です。
自宅や職場からあまりに遠ければモチベーションが上がりません。
短期間なら問題ありませんが、長く続けるなら生活圏内にある場所を選びましょう。
どの施設でも自分が受けたいレッスンや使いたいマシンがあるかも確認しましょう。
他にもロッカーが十分な広さと機能を備えているか、清潔である課など細かい部分も見ておきましょう。
行われているレッスンやイベントなどの内容も継続するモチベーションにかかってきます。
レッスン内容が同じでもインストラクターによって方針が違うものになるからです。
いくつか体験して吟味しましょう。
費用は会費だけでなく月々の料金もきちんと比較しましょう。
曜日や時間帯が決まっているなら比較しやすいでしょう。
家族割引や職場の福利厚生などで安くなるケースもあります。

次の記事へ