スポーツクラブではどんな服装がいいのか

TOP > スポーツクラブについて > スポーツクラブではどんな服装がいいのか

スポーツクラブではどんな服装がいいのか

学生時代には体育の授業があったでしょう。
その時には学校指定の体操服やジャージなどを着用する必要がありました。
決して格好のいい服装ではありませんが、それなりに伸縮性があって汗なども適度に吸い取ってくれる素材の服でした。
それなりに運動に適した服と言えたかもしれません。
ただ大人が体操服を着るとなるとさすがに周りの目が気になりますし、学校のジャージはあまりにもダサすぎるので卒業をしてから着るのは恥ずかしいでしょう。
スポーツクラブに入会していざ運動をするとき、どんな服装をすればいいのか悩む人がいます。
自分ではばっちり決まっていると考えて着て行ったが、クラブ内で浮いた存在になっているとしたらあまりいい気分ではありません。
周りの人にそれなりに溶け込めるような服装が良いと言えるでしょう。


スポーツクラブで着る服としては特に決まりは設けられていません。
指定の服が用意されているわけでもなく、基本的には自分で持って行くことになります。
汗をかくことが多いので、よほど自宅から近いなどで無ければスポーツクラブ内で着替えることが多いでしょう。
それを考えるとある程度動きやすく、持って行くときに嵩張らないような服を選ぶとよさそうです。
シンプルなのはTシャツに短パンであったりスエット等になるかも知れません。
スポーツクラブ内は空調が調っているので夏は涼しく冬は暖かくなっています。
半袖や半パンでも暑かったり寒かったりすることはあまりありません。
少し走ると汗ばむ程度の温度が保たれているので、暑かったらどうしようとか寒かったらどうしようと考えなくても良いでしょう。
休憩をするときようにパーカーなどがあると良いかも知れません。


服の素材なども特に決まりはありませんが、運動をすれば汗をかくので汗が運動の邪魔にならない服だと運動もしやすくなります。
吸水性に優れていて速乾性のあるものだと常にさらさらの状態で快適に運動ができます。
綿素材は吸水性はあるもののなかなか乾きにくく汗がべっとりついて汗じみが気になるときもあります。
女性で汗のあとが気になるなら速乾性の高い素材を選ぶと良いでしょう。
最初は自宅にある部屋着などでもいいでしょうが、慣れてくると周りの目が気になりだしオシャレな服で運動したいと考えるかもしれません。
その時はスポーツメーカーなどが出しているウェアを購入して着ると良いでしょう。
スポーツメーカーのウェアは機能性が高く、さらにオシャレなものもたくさん出ています。
スタイルを隠せるウェアなどを選んでも良いでしょう。

次の記事へ